不景気.com > 赤字決算 > 「みずほフィナンシャル」が5800億円の赤字に転落見通し

「みずほフィナンシャル」が5800億円の赤字に転落見通し

「みずほフィナンシャル」が5800億円の赤字に転落見通し

みずほ銀行などを傘下に持つ「みずほフィナンシャルグループ」は、2009年3月期通期連結決算の純損益を1000億円の黒字から一転、5800億円の赤字へと大幅に下方修正することを発表しました。

純損益を6800億円も下方修正させたのは、保有する株価が大幅に下落したための減損処理と、不良債権の処理に費用が掛かったため。

これにより09年3月末時点での連結自己資本比率が10%台に落ち込む見込み。

3大メガバンク揃っての赤字転落となることがほぼ確実と見られ、金融業界の回復にはまだ時間が掛かると言えそうです。

みずほFG:平成21年3月期 連結業績予想の修正について

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事