不景気.com > 買収合併 > キーエンスがソフトウェア開発「ジャストシステム」を買収へ

キーエンスがソフトウェア開発「ジャストシステム」を買収へ

キーエンスがソフトウェア開発「ジャストシステム」を買収へ

各種機器製造メーカーの「キーエンス」が、ソフトウェア開発メーカーの「ジャストシステム」を買収することが明らかになりました。

キーエンスは大阪に本拠を置く企業で、自動制御機器、計測機器、情報機器などの製造を行うメーカー。特に、従業員の平均年収が高いことで知られています。

ジャストシステムは、ワープロソフト「一太郎」やかな漢字変換「ATOK」のソフトウェア開発で有名。

ジャストシステムが発行する約45億円に相当する新株をキーエンスが引き受ける第3者割り当て増資が行われる予定で、増資後のキーエンスの保有比率は44%程度になる見込みです。

キーエンスがソフトウェアハウスを取り込んだことにより、既存のビジネスから大きく発展させることができるか見物です。

http://www.justsystems.com/jp/just/finance/j0904031.pdf

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事