不景気.com > 買収合併 > IBMが「サン・マイクロシステムズ」買収から撤退へ

IBMが「サン・マイクロシステムズ」買収から撤退へ

IBMが「サン・マイクロシステムズ」買収から撤退へ

IBMが先月に買収を提案してた「サン・マイクロシステムズ」の交渉から撤退することが明らかになりました。

仮に買収が成立した場合、IBMはUnixサーバー分野で強力な立場を持つことになり、独占禁止法に接触する可能性もあったようで、その対応にも追われることが懸念されたようです。

そのため、IBMは100人規模の弁護士によってリスクを精査した結果、交渉開始時に提案していた買収価格1株9.55ドルから9.40ドルに提案を引き下げた模様。

最終的には金額的に折り合いが付かずに交渉は破談となり、IBMに認められていた独占交渉権も解除されることになりました。

ただし、Sunの置かれている立場は厳しく、先週末の株価1株8.49ドルから大幅に下がるようなことがあれば、株主などから買収提案に応じるべき、との意見が出される可能性もあり、完全に買収の芽が摘まれたわけではないようです。

I.B.M. Withdraws $7 Billion Offer for Sun Microsystems - NYTimes.com

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事