不景気.com > 不景気ニュース > 2008年度の外車新車販売が25%減の20万台割れに

2008年度の外車新車販売が25%減の20万台割れに

2008年度の外車新車販売が25%減の20万台割れに

2008年度の輸入車の新車登録台数が前年度比で24.8%減となる19万9115台になることが「日本自動車輸入組合」の統計で明らかになりました。

輸入車の新車登録台数が20万台を割るのは1992年以来16年ぶりのことで、統計を取り始めてから最多であった1996年の42万7525台から半減する数値となっています。

主な外国車メーカーでも軒並み登録台数を減らしており、フォルクスワーゲンの21.2%減、メルセデスベンツの25.8%減などとなっています。

■外車メーカーの登録台数ランキング:(括弧内は前年度比)

1. フォルクスワーゲン 40,660台 23.12% (21.2%減)
2. メルセデスベンツ   33,684台 19.23% (25.8%減)
3. BMW                  31,928台 18.23% (30.3%減)
4. アウディー            15,604台   8.91% (1.9%増)
5. ミニ(BMW)         12,197台   6.96% (13.0%減)
6. ボルボ                   6,374台   3.64% (40.8%減)
7. プジョー                 5,284台   3.02% (34.7%減)
8. フィアット                3,847台   2.20% (127.2%増)
9. ポルシェ                 3,491台   1.99% (19.3%減)
10. フォード                 2,896台   1.65% (26.9%減)

2008年度前半の登録台数はそれほど悪化はしていませんでしたが、金融危機が叫ばれ始めた秋以降から急激に減少し始め、最終的には16年ぶりの登録台数に落ち込んだと見られます。

2008年度車種別車名別新規登録台数

輸入車新規登録台数の推移(暦年別)

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事