不景気.com > 不景気ニュース > デパート不況が深刻、08年度売り上げは6.8%マイナス

デパート不況が深刻、08年度売り上げは6.8%マイナス

デパート不況が深刻、08年度売り上げは6.8%マイナス

日本百貨店協会が発表した「全国百貨店売り上げ高概況」によると、2008年度の百貨店売り上げ高が前年比で6.8%の大幅マイナスになることが明らかになりました。

過去10年間は百貨店業界が不振に陥っていたこともあり、前年比で売り上げ高が増加したのは2005年度のみとなっていますが、減少率がマイナス6.8%と大幅なのは1997年度以来10年ぶりのとのこと。

1997年度はちょうど消費税がアップした時期と重なることから、実質的には2008年度が最悪と言えるかもしれません。

長引く不況により高級品を中心に大幅に売り上げを落としたことが今回の結果に繋がったようで、インターネット通販など商習慣の多様化によって売り上げ増への対策が後手に回ったと見ることも出来そうです。

平成21年3月 全国百貨店売上高概況

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事