不景気.com > 海外リストラ > 独「フォルクスワーゲン」が全契約社員1万6500人の人員削減へ

独「フォルクスワーゲン」が全契約社員1万6500人の人員削減へ

独「フォルクスワーゲン」が全契約社員1万6500人の人員削減へ

ドイツの自動車大手「フォルクスワーゲン」が、同社の全契約社員1万6500人を削減する方針であることが明らかになりました。

それによると、契約社員も契約を更新しないことによって、2009年中に人員の削減を行うとのこと。

世界の自動車メーカーが販売状況を悪化させる中、フォルクスワーゲンも同様に人件費をはじめとするリストラ策に打って出た格好です。

正社員の雇用は当面維持する方針ですが、今後の業績によっては更なるリストラ策も考えられるところで、欧州最大の自動車メーカーの苦悩は続きます。

フォルクスワーゲン、全契約社員1万6500人削減へ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事