不景気.com > 不景気ニュース > 米新車販売が41%減の大不振、主要メーカー全滅

米新車販売が41%減の大不振、主要メーカー全滅

米新車販売が41%減の大不振、主要メーカー全滅

アメリカの2月の新車販売台数は前年同月比で41.4%減の「68万8909台」となったことが、米リサーチ会社オートデータの調べで明らかになりました。

それによると、前年同月比では16ヶ月連続の減少となっており、40%を越える減少は調査を開始した81年以降で初めてとのこと。

■主要メーカー別新車販売台数:

GM : 125458台 (-53%)
トヨタ : 109583台 (-39.8%)
フォード : 95694台 (-48.2%)
クライスラー : 84050台 (-44%)
ホンダ : 71575台 (-38%)
日産 : 54249台 (-37.1%)

日米の主要メーカー別に見ても、どこも落込みが激しく、全メーカー全滅といった様相を呈しています。

アメリカの個人消費の減速が鮮明となった格好で、車購入に充てる費用を貯蓄に回したり、購入したくてもローンが組めないなど、が理由と考えられます。

米新車販売41%減...GMは「事業継続できない水準」 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事