不景気.com > 国内倒産 > 短期マンション「ツカサ」が自己破産申請し倒産(司建物管理)

短期マンション「ツカサ」が自己破産申請し倒産(司建物管理)

短期マンション「ツカサ」が自己破産申請し倒産(司建物管理)

*更新情報があります:09/03/05

ツカサのウィークリーマンション」でおなじみの短期賃貸マンションなどを運営する「司建物管理」が東京地方裁判所に自己破産を申請し倒産した。

「ウィークリーマンション」を日本で開始した先駆けで、出張や受験などの需要にマッチし業績を伸ばしていたが、バブル崩壊で1000億円にも及ぶ債務を抱えることになった。

その後、ウィークリーマンションの営業権を「リーマンブラザーズ」に売却するなどしてサブリース事業を中心に業務を継続、さらに保有物件の売却などを行いつつ経営再建を目指していたが、債権者が売り上げの差し押さえを行ったために自己破産の結論となった。

負債額は790億円で有限会社としては異例の大規模な負債となった。知名度の高い同社の破産は、業界に波紋を広げることになりそうだ。

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

*更新情報

現在、「ツカサ」ブランドを使用して業務を行っているマンスリーマンション・個人事業支援などの「ツカサ都心開発」から、今回の破産とは無関係である旨のリリースが行われています。

http://www.222.co.jp/__.pdf

それによると、「ツカサ都心開発株式会社と司建物管理有限会社は別企業であり運営業務等には一切関係ありません」とあります。

しかし、「ツカサ都心開発」の会社沿革では、1962年に「司建物管理」を設立、その後「ツカサ都心開発」を子会社として設立と記されています。(現在サイト上ではその部分が削除されています)

沿革の一部分が削除されていることと、(元?)子会社という関係でありながら無関係と主張する辺りが疑問に感じますが、それに関しての説明はなされていません。

詳細わかり次第、更新していきます。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事