不景気.com > 買収合併 > 東芝とシャープが太陽光発電で業務提携を検討へ

東芝とシャープが太陽光発電で業務提携を検討へ

東芝とシャープが太陽光発電で業務提携を検討へ

「東芝」と「シャープ」が太陽光発電事業での業務提携を検討中であることが朝日新聞(電子版)で伝えられています。

それによると、配電システムのノウハウがある「東芝」と、太陽光パネル製造では世界2位の「シャープ」はお互いの補完効果が高く、またデジタル家電が頭打ちとなるなか環境エネルギー分野へ経営の主軸を移して行きたい両社の思惑が一致している模様。

公共施設などの中規模システムの製造・販売を目指すものと思われ、将来的には発電所へのシステム納入を視野に入れているようです。

太陽光発電や蓄電池などの環境エネルギー分野は今後も成長が期待でき、電機各社は次世代の経営の軸にするため挙って資金を投入しており、世界規模での競争激化が予想されます。

asahi.com(朝日新聞社):東芝とシャープ、太陽光発電で業務提携検討

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事