不景気.com > 不景気ニュース > 東京海上が自動車保険の値上げへ、自動車販売減響く

東京海上が自動車保険の値上げへ、自動車販売減響く

東京海上が自動車保険の値上げへ、自動車販売減響く

国内損害保険首位の「東京海上日動火災保険」は、7月から同社自動車保険の保険料を平均1.3%値上げすることが明らかになりました。

自動車の販売減で保険料収入が落ち込んでおり、保険金の支払いも高止まりしていることから値上げを余儀なくされたようです。

損保首位の同社が値上げに踏み切ることによって同業他社が追随する可能性は高く、高額な保険料を嫌気して自動車販売がさらに落ち込むと言う悪循環に陥ることも懸念されます。

読売新聞によると、事故を起こす可能性が少ない契約者には保険料を低くするなどして優良ドライバーを囲い込む競争が熾烈になっているとのこと。

以前に比べると保険のシステムが細分化されているので、自分にあった保険を選ぶ目の必要になってくるのかもしれません。

東京海上日動が自動車保険料値上げ、7月から平均1・3%  : (読売新聞)

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事