不景気.com > 不景気ニュース > スイス中央銀行が政策金利0.75%へ、0.25%の利下げ

スイス中央銀行が政策金利0.75%へ、0.25%の利下げ

スイス中央銀行が政策金利0.75%へ、0.25%の利下げ

スイス中央銀行である「スイス国立銀行」は、政策金利の上限を0.25%利下げし0.75%とすることを明らかにしました。

●スイス国立銀行
政策金利 : 0.00%-1.00% -> 0.00%-0.75% (-0.25%)

下限は0%を維持し上限を0.25%引き下げることにより、市場により資金を供給するのが狙いと思われ、社債買い取りなどで量的緩和をする用意があるとのこと。

ユーロ通貨導入時には、一部自国通貨が強かった国は参加を見送り、自国通貨の使用を継続しています。(イギリス・ポンド、ノルウェー・クローネ、スイス・フランなど)

市場からも、いい加減自国の通貨に執着せずにユーロ導入を考えたらどうか、という意見が聞こえてきそうです。

NIKKEI NET(日経ネット):スイス中銀、0.25%利下げ 社債買い取りで事実上の量的緩和

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事