不景気.com > 雇用問題 > ソフトバンクが新卒採用で携帯契約数を加味、学生からは批判

ソフトバンクが新卒採用で携帯契約数を加味、学生からは批判

ソフトバンクが新卒採用で携帯契約数を加味、学生からは批判

通信大手の「ソフトバンクグループ」は来年度の新卒者採用において、同社の携帯電話の契約数を採用の判断基準に導入することを明らかにし、学生らから批判を受けているようです。

J-CASTニュースによると、一般採用とは別枠の「特別採用コース」を新設。同コースにおいてソフトバンク携帯電話の契約実績を採用の選考基準の一つとする、とのこと。

同社では、一般選考では計ることの出来ない営業力を選考基準とするための施策と説明していますが、学生らからは「内定も受けていない学生に営業活動をさせるのか」と批判が出ているようです。

時期的に、雇用関係の問題は全国的に神経質になっているところですので、この件が火種とならなければ良いですが。

J-CASTニュース : ケータイ「契約」実績で「特別採用」 学生から不満と批判の声

関連記事

「雇用問題」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事