不景気.com > 雇用問題 > 電機各社の10年新卒採用が軒並み大幅減へ

電機各社の10年新卒採用が軒並み大幅減へ

電機各社の10年新卒採用が軒並み大幅減へ

国内電機各社の2010年春入社予定の新卒採用が大幅に減少する見通しであることが各社の発表で明らかになりました。

■電機各社の2010年新卒採用見込み:

NEC:100人(88%減)
シャープ:280人(60%減)
東芝:1800人(39%減)*グループ全体
日立:650人(32%減)*大卒
富士通:440人(25%減)
三菱電機:1000人(9%減)

電機各社は外需の悪化などにより業績を落としており、新規採用には慎重な姿勢が伺えます。また、業績が悪化し始めた08年秋には、既に09年春の新卒採用をほぼ終えており、10年春の新卒採用で人員を調整する意味合いも含まれているのかもしれません。

内定切りなどで今春入社する新卒の就職活動も大変厳しかったと言われていますが、新卒の就職に関しては2010年がもっとも悪い状況になると予想されています。

すでに就職活動は始まっているようですが、学生たちには気を落とさずに頑張ってもらいたいものです。

NIKKEI NET(日経ネット):NEC 10年春入社の新卒採用、約9割減の100人に

NIKKEI NET(日経ネット):東芝、10年春入社の新卒採用4割減 09年度計画

日立製作所:10年度大卒採用予定は今春の3割減に - 毎日jp(毎日新聞)

関連記事

「雇用問題」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事