不景気.com > 買収合併 > 三菱UFJ証券とモルガンスタンレー証券が合併へ

三菱UFJ証券とモルガンスタンレー証券が合併へ

三菱UFJ証券とモルガンスタンレー証券が合併へ

三菱UFJフィナンシャルグループ傘下の「三菱UFJ証券」と、アメリカ金融大手のモルガンスタンレーの日本法人「モルガンスタンレー証券」が経営統合することが正式に発表されました。

それによると、新会社の出資比率はMUFGが60%に対してモルガンスタンレーが40%になる予定で、子会社や関連会社は今回の合併には含まれないとのこと。

サブプライムローン問題を発端にしたアメリカ金融崩壊で窮地に陥ったモルガンスタンレーに対して、MUFGは大規模な出資を行っており、すでに両社の提携関係が確立していることに加えて、個人向けに強みを持つ「三菱UFJ証券」と法人向け業務を主に扱う「モルガンスタンレー証券」の思惑が一致したようです。

外資系金融は日本から早々に撤退したいのが本音のようです。今回も表面的には経営統合という型式ですが、実際には経営資源を本国に振り向けたいモルガンスタンレーと、それを見かねたMUFGの吸収合併と言っても過言ではないかもしれません。

http://www.mufg.jp/data/current/pressrelease-20090326-001.pdf

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事