不景気.com > 雇用問題 > 三菱自動車、4月は最大8日間の工場操業停止へ

三菱自動車、4月は最大8日間の工場操業停止へ

三菱自動車、4月は最大8日間の工場操業停止へ

三菱自動車は4月の生産体制において、国内の3工場で最大8日間の操業停止を計画していることを明らかにしました。

新車販売で最盛期の3月は減産幅を狭めたが、来月4月からは再び減産を強化する予定とのことです。

国内4工場の操業停止日数は、名古屋製作所で4日間、パジェロ製造で8日間、水島製作所で4日から5日間となっています。

一時期、自動車製造の減産傾向が止みかけたように思えましたが、ここに来て再びの減産体制強化。不況の波からなかなか抜け出せない自動車産業の現状を表しているようです。

三菱自の国内工場、4月は最大8日間停止 | Reuters

関連記事

「雇用問題」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事