不景気.com > 買収合併 > ゴールドマンサックスがUSJ全株式取得へTOB実施

ゴールドマンサックスがUSJ全株式取得へTOB実施

ゴールドマンサックスがUSJ全株式取得へTOB実施

アメリカの投資会社「ゴールドマンサックス」が参加のファンドなどを通じて大阪にあるテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の全株式取得へ向けTOBを実施することが明らかになりました。

ゴールドマンサックスは既にUSJの発行済み株式の40%を保有する筆頭株主で、全株式を取得することによって非上場化することが目的とのこと。

株価が下がっている状況で上場しているよりも、非上場化して企業価値を高めてからの再上場を目指すのではないかと考えられます。

買収に要する費用は約600億円と見られており、現株主には大阪市も10%保有しており、価格次第ではTOBに賛同するものと思われます。

USJ、GS系ファンドが月内にも全株取得に向けTOB | Reuters

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事