不景気.com > 国内リストラ > エプソンが工場の統廃合、液晶と半導体の生産見直しで

エプソンが工場の統廃合、液晶と半導体の生産見直しで

エプソンが工場の統廃合、液晶と半導体の生産見直しで

セイコーエプソン」が、液晶パネルと半導体の生産体制を見直し拠点の集約を行う予定であることが各紙の報道で伝えられています。

それによると、液晶パネルを生産する岐阜事業所を9月までに閉鎖し生産設備を売却・廃棄するなどして、現在3ヶ所ある液晶パネル生産拠点を鳥取事業所に集約するとのこと。

また半導体の生産も、長野県の工場での生産をやめて山形県の工場に集約するようです。

液晶パネルや半導体は需要が急速に減少している中で、収益が悪化し採算が合わなくなっていることが原因と考えられています。

同社は今後、プリンター事業に資源を集中させて業績の回復を目指すものと思われます。

なお、この件に関してセイコーエプソンでは、「正式発表されたものではない」旨のプレスリリースを出しています。

NIKKEI NET(日経ネット):エプソン、液晶パネルと半導体の生産体制見直し

生産体制見直し等に係る一部報道について(2009年3月11日)

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事