不景気.com > 買収合併 > 国際宅配便の「OCS」(海外新聞普及)を全日空が買収へ

国際宅配便の「OCS」(海外新聞普及)を全日空が買収へ

国際宅配便の「OCS」(海外新聞普及)を全日空が買収へ

国際宅配便事業を行う「OCS」(海外新聞普及)の株式を「全日本空輸」(ANA)が取得し、筆頭株主になることが明らかになりました。

毎日新聞(電子版)によると、日本経済新聞社、朝日新聞社、毎日新聞社から発行済み株式の33.5%を取得することで合意したと伝えられています。

「OCS」は、新聞・雑誌などを海外に輸送するために設立された会社で、現在は国際宅配便を主に扱っています。

インターネットなどの普及によって、印刷物の国際輸送の需要が減少する中、国際宅配便事業に注力したい同社と、同事業を強化したい「全日空」との思惑が一致したと考えられます。

全日空:「海外新聞普及」の筆頭株主に - 毎日jp(毎日新聞)

OCS 海外新聞普及株式会社

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事