不景気.com > 不景気ニュース > 景気と株価が回復するのは2010年から、今年は我慢の年に

景気と株価が回復するのは2010年から、今年は我慢の年に

景気と株価が回復するのは2010年から、今年は我慢の年に

長引く景気悪化と低迷する株価から抜け出せるのは「2010年から」、欧州中央銀行総裁と日本証券業協会会長は、それぞれこのような見方をしているようです。

欧州中央銀行(ECB)・トリシェ総裁は、現在の世界的な経済の悪化は08年の金融危機を発端にするものだったが、大方の予想通り、2010年には回復するとの見方を示しています。

一方、日本証券業協会・安東俊夫会長は、過去の事例から考えると危機が起こってから約30ヶ月程度で株価が底値を打つ傾向にあり、今年末に底値を付けるとの考えを明かしました。

あと1年弱は多くの業界で厳しい状況が続きそうですが、未来の明るい見通しが示されていることは前向きに受け取りたいものです。

世界経済、2010年に回復に向かう=ECB総裁 | Reuters

NIKKEI NET(日経ネット):「株価、年末に底をうつ」日証協会長

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事