不景気.com > 雇用問題 > スペインの失業率が危機的な14.4%、さらに増える予想

スペインの失業率が危機的な14.4%、さらに増える予想

スペインの失業率が危機的な14.4%、さらに増える予想

スペインの失業率が14.4%と、悪化の一途を辿っていることが明らかになった。

過去12ヶ月の推移を見ても失業者が100万人以上も増加しており、この数字だけでも失業率は4.4%増加したことになります。

さらに、今年1月の失業者の増加数は約20万人で、1ヶ月だけでスペイン全労働人口における失業率が1%も上昇するという危機的な状況に陥っています。

今後の予測も厳しいもので、「ヨーロピアン・コミッション」(European Comission)によれば、来年には16.1%へ、再来年は18.7%へ悪化すると予測しています。

5人に1人が失業者、という時代がスペインにはやってくるのかもしれません。

そのレベルになると暴動などの2次的災害の危険も高くなりますし、今後の雇用対策は難しい選択を迫られそうです。

BBC NEWS | Business | Big jump in Spanish unemployment

関連記事

「雇用問題」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事