不景気.com > 国内リストラ > シャープが1500人の人員削減へ、赤字転落受けて

シャープが1500人の人員削減へ、赤字転落受けて

シャープが1500人の人員削減へ、赤字転落受けて

国内電機大手の「シャープ」の、09年3月期連結決算の営業利益を下方修正し、300億円の赤字に転落する見込みだと明らかにしました。

同社の営業赤字転落は、1956年に上場して以来はじめてのこと。

このため、大規模なリストラ策を推し進めるようで、主に工場などで働く非正規社員を1500人前後削減する予定。(既に発表されている分も含む)

その他、取締役や管理職の報酬カットなどで人件費の抑制を図ることになっています。

景気悪化を受けてデジタル家電などを中心に売り上げは下がる一方ですが、国内では抜群の強さを持つ液晶テレビ事業も営業赤字に転落すると見られ、不景気のあおりを受けた格好です。

液晶テレビの価格は世界的に20%~30%程度下落しているようで、利益率の悪化につながったとのことです。

シャープも赤字転落、非正規社員を計1500人削減へ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事