不景気.com > 海外リストラ > 米百貨店大手「メーシーズ」が7000人の人員削減へ

米百貨店大手「メーシーズ」が7000人の人員削減へ

米百貨店大手「メーシーズ」が7000人の人員削減へ

アメリカの百貨店最大手の「メーシーズ・グループ」(Macy's)は、景気悪化を受けた販売不振が長引くとの予想から、従業員の削減を発表しました。

それによると、削減人数は7000人前後となる見込みで、この数字は同社全従業員の4%程度に当たります。

削減の対象となるのは主に本社機能で、アメリカ全土に広がっている地域本社などの機能を統廃合し経営の効率化とコスト削減を目指す模様です。

過去、アメリカに行った際には、「メーシーズ」何度か買物に訪れたことがあるですが、アメリカを代表する百貨店であり、ファンも多いと言われています。

今回のリストラ策で、米国の消費不振が深刻であることを物語っています。

NIKKEI NET(日経ネット):米百貨店最大手メーシーズ、従業員7000人削減へ

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事