不景気.com > 海外倒産 > 伊ファッションブランド生産販売の「イッティエレ」が破産へ

伊ファッションブランド生産販売の「イッティエレ」が破産へ

伊ファッションブランド生産販売の「イッティエレ」が破産へ

イタリアのファッションブランドなどを傘下に持つ持ち株会社「IT Holding S.p.A」は、傘下の生産・販売会社「イッティエレ」(Ittierre)が破産保護の申請をする予定と明らかにした。

「IT Holding S.p.A」は「ジャン・フランコ・フェレ」を筆頭に「ジョン・ガリアーノ」や「ジャスト・カバリ」などのブランドを傘下に持つ。

イッティエレは老舗のアパレル生産会社で、「ジョン・ガリアーノ」のセカンドライン「ガリアーノ」などグループ企業の生産・販売を担ったり、過去には「D&G」などのライセンスを持ち、生産・販売を行っていたことでも知られている。

破産保護の申請は、ブランドを使用するライセンス料の資金調達に失敗したためだと伝えられています。

ファッション業界も不況の波を抜け出せずに厳しい状況が続いていますので、今後も同様のニュースが出てくることが予想されます。

伊ファッション業界にも経済危機の余波、イッティエレが破産保護申請へ : AFPBB News

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事