不景気.com > 雇用問題 > 非正規労働者の15万7806人が失業へ、年度末までに

非正規労働者の15万7806人が失業へ、年度末までに

非正規労働者の15万7806人が失業へ、年度末までに

厚生労働省が発表した「非正規労働者の雇止め等の状況について」の調査結果で、昨年10月から今年の3月までに、非正規労働者の15万7806人が失業した(もしくは予定)ことがわかった。

ハローワークの「2316事業所」の調べによるもので、それによると昨年10月から現在までに失業した人数と、今後3月末までに失業する予定の人数を足した結果、「15万7806人」に上る模様。

内訳は、「派遣」が10万7375人、「契約社員」が2万8877人、「請負」が1万2988人、「その他」が8566人となっています。

ただしこの調査はハローワーク経由の統計であるため、未届出や把握できていないケースなど、実際にはこの数字よりも多いものである可能性も捨て切れません。

厚生労働省:非正規労働者の雇止め等の状況について(2月報告)

関連記事

「雇用問題」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事