不景気.com > 海外リストラ > 米GMが1万人の人員削減と給与カットへ、政府支援目指し

米GMが1万人の人員削減と給与カットへ、政府支援目指し

米GMが1万人の人員削減と給与カットへ、政府支援目指し

アメリカ自動車産業の巨人「GM」(ゼネラル・モータース)は、従業員1万人の削減と給与カットを柱とするリストラ策を発表しました。

それによると、現在7万3000人いる給与所得従業員を6万3000人へ1万人削減し、残りの従業員に対しては3~7%の給与カット(役員クラスは10%)が行われる予定。

人員削減は09年を通じて行われるとされているが、そのほとんどは5月1日までに削減される模様。また、給与カットも5月からになると報じられています。

アメリカ政府が予定している総額94億ドルに及ぶ政府低金利ローンによる支援を受けるために、大規模なリストラ策を発表し、業績を回復させることを証明しなければならなかったようです。

世界の自動車販売で首位を明け渡したGMですが、政府支援を受けて業績回復となるか、今後に注目です。

GM to cut 10,000 salaried jobs - News Wires - CNBC.com

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事