不景気.com > 赤字決算 > 東芝が業績を下方修正・黒字予想から一転2000億円赤字で

東芝が業績を下方修正・黒字予想から一転2000億円赤字で

東芝が業績を下方修正・黒字予想から一転2000億円赤字で

東芝は、3月期連結営業損益の業績予想を従来の1500億円の黒字から一転、2000億円程度の赤字と見込んでいることが明らかとなった。

日経ネットによると、「メモリー市況の悪化などで主力の半導体部門が2000億円を超える赤字になる」とのことです。

半導体の価格が大幅に値崩れしていることに加えて、不景気による企業のIT投資の抑制が影響しているのではないかと思います。

半導体などは「毎日値段が変わる」と言う程値動きが激しく、昨今では安定した収益を出すことが難しくなって来ているのではないでしょうか。

また企業のIT投資は、どの業界でもほぼ一番最初に手を付けられるリストラ部門ですので、今回の世界的な不況の影響を強く受けた格好になりました。

「HD-DVD」で次世代DVD競争に負けて撤退したのも去年のことでしたね。

NIKKEI NET(日経ネット):東芝、2000億円赤字に 今期営業損益下方修正へ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事