不景気.com > 不景気ニュース > イギリスで再利下げ、315年の歴史で最低の1.5%へ

イギリスで再利下げ、315年の歴史で最低の1.5%へ

イギリスで再利下げ、315年の歴史で最低の1.5%へ

イギリスの中央銀行に当たる「バンク・オブ・イングランド」は、一向に回復の気配を見せない経済情勢のために再度の利下げを決定しました。

●バンク・オブ・イングランド
政策金利 : 2.0% -> 1.5% (-0.5%)

イギリスの政策金利が2%を切るのは、1694年に「バンク・オブ・イングランド」が設立されて以来、315年の歴史の中で初のことです。

今回の利下げは昨年10月から数えて4度目となり、当時の政策金利5%から実に3.5%もの利下げを3ヶ月で決定したことになります。

ただし、2009年も厳しい環境が続くことが予想され、更なる利上げは十分ありえるとのことです。

BBCニュース | 政策金利が過去最低を記録(英語)

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事