不景気.com > 海外リストラ > 米スターバックス、6700人の人員削減と300店舗閉鎖へ

米スターバックス、6700人の人員削減と300店舗閉鎖へ

米スターバックス、6700人の人員削減と300店舗閉鎖へ

アメリカのコーヒーチェーン大手の「スターバックス」は、従業員6700人規模の削減と国内外で約300店舗に及ぶ店舗閉鎖に踏み切ることを明らかにしました。

閉鎖されるのは、アメリカ国内の約200店舗と海外約100店舗の合計300店舗前後で、解雇の対象になるのは閉鎖される店舗に勤める従業員6000人と、その他の社員700名程度と見られています。

長引く消費不況の中で、スターバックスは人員削減や店舗閉鎖などのリストラ策を行っていますが、業績回復の目処が立たず、更なる追加リストラとなったようです。

NIKKEI NET(日経ネット):米スタバ、300店を追加閉鎖 従業員6700人削減

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事