不景気.com > 海外リストラ > 米コーヒー「スターバックス」が1000人の追加人員削減へ

米コーヒー「スターバックス」が1000人の追加人員削減へ

米コーヒー「スターバックス」が1000人の追加人員削減へ

アメリカのコーヒーチェーン「スターバックス」(Starbucks)は、最大1000人規模の追加人員削減を検討している模様。

スターバックスは昨年にも2000人に及ぶ人員削減を行っており、今回の追加削減で業績悪化が深刻であることが鮮明になった。

対象はシアトル本社で働く従業員と地域マネージャーで、シアトル本社では全従業員の3分の1が職を失う可能性があると「シアトルタイムス」で伝えられています。

このリストラ策は今週から始まり、2月中まで行われる予定。

スターバックスは日本での売り上げも大幅に減少しているようで、今回のリストラ策が世界での大規模店舗閉鎖に繋がる可能性も大いにあります。

More layoffs expected at Starbucks | Seattle Times Newspaper

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事