不景気.com > 海外倒産 > 独DRAMの「キマンダ」が破産申請し倒産、半導体不況で

独DRAMの「キマンダ」が破産申請し倒産、半導体不況で

独DRAMの「キマンダ」が破産申請し倒産、半導体不況で

ドイツの半導体メモリーメーカー大手の「キマンダ」がミュンヘン裁判所に破産申請をしたと、ロイター通信が伝えました。

この件に関して、まだ「キマンダ」からの正式な発表はされていない模様。

キマンダは世界屈指のDRAMメーカーで、特にPCやサーバー向けのDRAMに強みを持つ。

ウィキペディアによると、2007年10月にソニーと提携し、現在はPS3に搭載されるメモリーはキマンダ製となっているとのこと。

また、台湾企業との提携・統合を模索していると報道されている日本のDRAM最大手の「エルピーダ」とも、2008年に最先端DRAM開発で提携しています。

キマンダ - Wikipedia

キマンダの社員数は全世界で1万2000人程度とみられ、破産後の扱いなどは明らかにされていません。

半導体業界の不振は深刻なようで、国内・海外問わず、今後も同様のニュースが出てきそうです。

独メモリーチップ大手、キマンダが破産申請 | Reuters

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事