不景気.com > 買収合併 > 伊フィアットが米クライスラーへ出資協議、買収も視野に

伊フィアットが米クライスラーへ出資協議、買収も視野に

伊フィアットが米クライスラーへ出資協議、買収も視野に

イタリアの小型車ブランド「フィアット」やスポーツカーブランドの「フェラーリ」、「マセラティ」、「アルファロメオ」などを所有する「Fiat SpA」は、アメリカ自動車メーカー・ビックスリーの一角「クライスラー」への出資を検討していると欧米のメディアが報じています。

協議では、フィアットがクライスラーの株35%程度を取得する方向で検討中で、場合によっては過半数を取得して子会社化する可能性もあるとのこと。

フィアットはこの提携・買収をきっかけに、自社ブランドの小型車「フィアット500」や、「アルファロメオ」ブランドのアメリカ進出を強く望んでいるようです。

フィアットと聞くとどうしても小型車のイメージがありますが、高級車やスポーツカーなどイタリア自動車業界の旗手。クライスラーとの提携をテコに世界進出となるでしょうか?

一方、クライスラーは日産・ルノー陣営とも買収に関する協議を持っており、傘下のブランド「ジープ」を売却する方向で検討中とのことです。

Chrysler, Fiat reportedly in partnership talks - News Wires - CNBC.com

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事