不景気.com > 買収合併 > 米製薬大手「ファイザー」が同業の「ワイス」と経営統合を視野へ

米製薬大手「ファイザー」が同業の「ワイス」と経営統合を視野へ

米製薬大手「ファイザー」が同業の「ワイス」と経営統合を視野へ

アメリカの製薬大手「ファイザー」(Pfizer Inc.)が同業の「ワイス」(Wyeth)との経営統合を検討している模様。

ファイザーは製薬業界の売り上げが世界1位(2006年)の最大手。

しかしながら、ファイザーは主力のアトルバスタチン(商品名はリピトール)を特許期限が2011年に切れることによる売り上げ減少が予想されています。

また、バイアグラ発売以降、目立った新薬の発明にも至っておらず、今後の厳しい展開が想定される中、ワイスとの経営統合により、経営のスリム化をはかり収益構造を見直すのが目的のようです。

両社とも日本法人を持っておりますが、それらについての詳細は明らかになっておりません。

米ファイザーとワイス、取締役会で統合検討=関係筋 | Reuters

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事