不景気.com > 国内リストラ > 日本板硝子が5800人の人員削減へ、自動車ガラス不振で

日本板硝子が5800人の人員削減へ、自動車ガラス不振で

日本板硝子が5800人の人員削減へ、自動車ガラス不振で

国内のガラス製造大手「日本板硝子」は、世界的な経済不況に対応するべく、人員削減などのリストラ策を行うことを発表しました。

同社全従業員の15%に相当する約5800人の国内外の従業員(正社員・非正規社員含む)の人員削減を2010年3月末までに行うとのこと。

この内、約3000人に関しては、今年度中に削減対象となります。

それに伴い、世界各地での減産を予定しており、ヨーロッパとアメリカでは生産の削減を、他地域でも生産調整で対応する模様。

自動車の生産台数減少により、自動車用のガラスの需要が激減、その他の売り上げも好ましくなく、リストラに踏み切ったようです。

今回のリストラ策の費用は220億円を見込んでいるとのことで、2011年3月期の業績回復を目指すこととなります。

収益改善・事業効率向上施策についてのお知らせ:日本板硝子株式会社

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事