不景気.com > 不景気ニュース > 連休明けの株価8413円、円高受け大幅続落

連休明けの株価8413円、円高受け大幅続落

連休明けの株価8413円、円高受け大幅続落

1月13日、連休明けの日経平均株価は大幅下落の8413円で取引を終えました。

一時、1ドル=90円を切る為替相場を背景に、輸出関連株が日経平均を押し下げる格好で、朝方は一時8405円と、8400円を割る勢いで推移しました。

また、前日のアメリカの株価が続落したことと、ソニーが赤字決算になる見通し、というニュースが投資家の心理を一層冷え込ませたようです。

過去6ヶ月の相場:

ここのところ株価は上昇基調でしたので調整と考えられなくもないですが、上値の重い展開となっています。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事