不景気.com > 不景気ニュース > 国民年金、未納時の差し押さえは所得200万円以上が基準

国民年金、未納時の差し押さえは所得200万円以上が基準

国民年金、未納時の差し押さえは所得200万円以上が基準

社会保険庁が定める「国民年金」未納者への財産差し押さえなどの強制徴収は、選定基準が課税所得200万円以上となっているようです。

単身者だけでなく1世帯での所得の場合も適用されるようで、例えば、世帯主+配偶者の合計の課税所得が200万円を超えれば選定される可能性もあります。

社会保険庁はこれまで悪質な未納者(払えるに足る所得があるにもかかわらず払わない)に限って強制徴収を行うと言うことでしたが、現実として低・中所得者に対象になっているようです。

低所得者には国民年金保険料の免除申請ができますので、該当しているか一度調べてみるのも手かもしれません。

asahi.com(朝日新聞社):強制徴収、所得200万円以上 国民年金保険料で社保庁 - 社会

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事