不景気.com > 国内リストラ > 日立・7000億円赤字で7000人の人員削減へ、過去最悪

日立・7000億円赤字で7000人の人員削減へ、過去最悪

日立・7000億円赤字で7000人の人員削減へ、過去最悪

日立製作所が発表した09年3月期の連結業績の見通しが、従来予想の150億円の黒字から一転して7000億円の巨額赤字になることがわかった。

半導体関連事業の不調に加えて円高による為替差損により、赤字額は日立製作所設立以来最悪のものとなった。

また、これに伴い人員削減や不採算事業からの撤退などのリストラ策を加速させる。

09年度末までに、日立グループで国内外合わせて正社員・非正規社員7000人規模の削減や配置転換を行う予定。

アサヒコムによれば、純損益7000億円の赤字は、金融機関を除いては02年3月期にNTTが8121億円の赤字となったのに次いで国内で2番目の大きさ。

半導体やデジタルメディアなどの事業が大きく足を引っ張ったのに加え、他事業も軒並み低調に推移したようです。

asahi.com(朝日新聞社):日立、7000億円の赤字 NECは2900億円

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事