不景気.com > 景気対策 > 金額と燃費=デフレ時代の車購入ポイント

金額と燃費=デフレ時代の車購入ポイント

金額と燃費=デフレ時代の車購入ポイント

ガリバー自動車研究所の調査によると、車を購入する際の重視する点は「購入金額と燃費」とのこと。

1.購入金額 61.9%
2.燃費 31.7%
3.メーカー 26.1%
4.外装デザイン 25.5%
5.車内の広さ 19.9%

不景気デフレ時代の現状が余日に表れている結果ではないでしょうか?メーカー側も最近発表する新車種はエコ・低燃費を意識した車が多く、嗜好性の高い車種はなかなか出しづらい印象です。

軽自動車は自動車不況の中でも普通自動車よりは売り上げの落ちが少ないようですし、ハイブリッド車も依然人気があります。

次世代エネルギーを使用した環境対策車はコストの面でもう少し時間がかかりそうですが、各自動車メーカーが社運をかけて取り組んでいます。

ただこの不況を期に、消費者の車に対する価値基準が変わってきているような気もします。

売れない時代のクルマ購入意識 : クルマ総研 : YOMIURI ONLINE

関連記事

「景気対策」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事