不景気.com > 海外リストラ > CPU主力の米AMDが1100人の人員削減・半導体不況で

CPU主力の米AMDが1100人の人員削減・半導体不況で

CPU主力の米AMDが1100人の人員削減・半導体不況で

パソコンのCPU製造などが主力のアメリカの半導体大手「AMD(Advanced Micro Devices)」は、半導体不況が長引くとの見方から人員削減を決めた模様。

内訳は、全従業員の9%に当たる1100人前後と見られ、その他の従業員に対しても給与の減額などのリストラ策が講じられるようです。

パソコンのCPU製造では世界首位の「インテル」さえも業績悪化によって株価も低迷していますし、日本の半導体業界を見ても、NECエレクトロニクスの人員削減や、東芝の半導体部門の赤字など、不振は根深いようです。

NIKKEI NET(日経ネット):米半導体大手AMD、1100人削減 一時給与カットも

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事