不景気.com > 国内リストラ > トラクターの「ヤンマー」が期間従業員250人雇用止め

トラクターの「ヤンマー」が期間従業員250人雇用止め

トラクターの「ヤンマー」が期間従業員250人雇用止め

トラクターなどの農業用機器大手の「ヤンマー」は、2月15日に期間満了となる期間従業員250人を削減すると明らかにした。

小型産業用エンジンなどを製造するびわ工場などの5工場で、全期間従業員の半数に当たる250人の人員削減となります。

アサヒ・コムによると、「ヤンマーでは昨年、労働者派遣法の期間制限を超える違反が発覚。そのため同社は昨年9月半ば、派遣社員を自社の直接雇用に切り替えた。」ということで、今回削減される従業員も元々は派遣社員であったようで、実質上の派遣切りと言えるようです。

原材料、原油高と円高の影響が収益を圧迫しているようで、今回のリストラ策を決断したようです。

ちなみに、ヤンマーは豊作の象徴であるトンボのなかでも王様と呼ばれているヤンマ-トンボから名付けられたものです。また、サッカーJリーグの「セレッソ大阪」の実質的な運営母体でもあります。

asahi.com(朝日新聞社):ヤンマー、期間従業員250人切り 滋賀の5工場 - ビジネス

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事