不景気.com > 海外リストラ > シリコンバレーのリストラと金融危機との関係は?

シリコンバレーのリストラと金融危機との関係は?

シリコンバレーのリストラと金融危機との関係は?

シリコンバレーのレイオフ事情 グーグル、非正規社員を大量解雇 :IT-PLUS

今回の金融危機とシリコンバレーの関係を雇用の側面から解説されています。

ご存知の通り、シリコンバレーを筆頭にIT系の企業の多くは西海岸に居を置くことがおおく、その反面、金融関係の企業は東海岸を中心にビジネスを行っていることが多いのです。

今回の不況は西海岸では東海岸ほど深刻ではないようで、ITバブル崩壊よりは楽観視されているようです。

「一方、ここシリコンバレーは、直接の被害を免れている。正直なところ、2000年春にやってきたネット不況に比べれば遙かに軽いというのがサンフランシスコ湾岸地域の現状だろう。」

ただし、人員削減が行われているのも事実で、

  • Ebay - 1000人
  • Zerox - 3000人
  • EA - 600人
  • Yahoo - 1460人 (10%)
  • HP - 24600人 (今後3年間)
  • Sun - 6000人
  • Google - 3300人

とレポートされています。IT系企業は過去にITバブルの崩壊を経験しているので、今回の不況にもある程度の対応が出来ていると考えることもできるかもしれませんが、リスク回避のための人員削減もすばやいのかもしれません。

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事