不景気.com > 買収合併 > 「かんぽの宿」がオリックスへ、譲渡交渉中->正式決定

「かんぽの宿」がオリックスへ、譲渡交渉中->正式決定

「かんぽの宿」がオリックスへ、譲渡交渉中->正式決定

日本郵政が所有する宿泊施設の「かんぽの宿」がオリックスに一括譲渡される方向で交渉中とのことです。

「かんぽの宿」はすでに法律で廃止ないしは譲渡することが決まっており、その最有力候補としてオリックスが上がっているようです。

オリックスはこの買収をきっかけに国内でのホテル事業の拡大を狙う模様。

日本郵政:オリックスに「かんぽの宿」一括譲渡で最終調整 - 毎日jp(毎日新聞)

ちなみにオリックス不動産のホテル事業では、自前のビジネスホテルチェーン「ブルーウェーブイン」、クロスホテルや、熱海にあるホテル「ミクラス」など小規模な運営となっていますので、「かんぽの宿」71店舗の一括譲渡となれば、スケールメリットは大きいようです。

ただし、この71店舗の中には、五反田にある「ゆうぽうと」は含まれていないようです。

12/27:更新

正式に譲渡が成立したと発表がありました。世田谷のスポーツ施設を除く70店舗の譲渡で金額は非公開となります。

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事