不景気.com > 雇用問題 > 日本総合地所 内定取消に100万円で誠意 学生ら「誠意伝わらず」

日本総合地所 内定取消に100万円で誠意 学生ら「誠意伝わらず」

日本総合地所 内定取消に100万円で誠意 学生ら「誠意伝わらず」

以前お伝えした新卒者に対する内定取消のニュースですが、日本総合地所は内定取り消しを通知した学生に対しての補償として100万円(当初の42万円から増額)を支払うことを提示した模様。

アサヒ・コムによると日本総合地所側は「留年して再度就職活動をせざるを得ない学生もいる」との見解から補償額を増額して交渉に当たりましたが、当の学生らは「とても納得できない」として交渉は決裂しました。

また、イザによると日本総合地所側は「最大限できることを考え、企業として誠意を示しておわびしたい」(広報担当者)と述べているようですが、学生にしたら自らの一生を棒に振りかねない現実に「わかりました」と納得できるはずがありません。

今回の内定取り消しは日本総合地所だけではなく、ほかの企業でも行われているわけですし、まったく対応をしない企業よりは遥かに誠実と言えるかもしれませんが。。。

誠意を見せると言うならば、「希望退職を募って上を減らして、新入りを迎える」と言うことが出来なかったのでしょうか?無論、本末転倒感はありますが、冷静に考えれば、企業側は一度雇い入れると約束しているわけですから。

学生側からしたら「裏切られた」としか思えないのではないでしょうか。

このような内定取消の件については、ぜひ政府の介入を期待したい。若者の希望を失うようなことをしてはいけません。

ちなみに、日本総合地所の直近の株価はこんな感じ。

厳しいのでしょうね。本当は内定取消どころではなくて、会社を回していくので精一杯なのかもしれません。

asahi.com(朝日新聞社):内定取り消し学生に100万円を提示 日本綜合地所 - 社会

「内定取り消し者に100万円 「誠意示す」と日本綜合地所」ビジネス‐財界ニュース:イザ!

関連記事

「雇用問題」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事