不景気.com > 雇用問題 > 新卒者の悲惨な内定取り消しの実態

新卒者の悲惨な内定取り消しの実態

新卒者の悲惨な内定取り消しの実態

各所で騒がれている内定取り消しについてですが、実態もかなり悲惨なようです。

毎日.JPでは悪質な内定取り消しについて以下のように取り上げています。

全て会社側の声として、

■「内定だから、説明する必要はない」

■「こちらの取り消しではなく、自己都合で辞退すると書いて書面で送れ」

■「採用してもすぐに解雇する」

■「経営が厳しく採用を延期する」=延期期間明示せず

内定切り:悪質「自己都合で辞退と書いて送れ」 - 毎日jp(毎日新聞)


内定取り消し者の統計はまだ出ていないので、実質的な影響と言うのは現段階では測りかねますが、今後、同様の事が起こったときは政府が何らかの対応を準備する必要があると思います。

厚生労働省では、新卒者の採用内定取り消しへの対応として相談窓口を開設しています。

厚生労働省:新規学校卒業者の採用内定取消しについて

(職業安定局若年者雇用対策室若年者就職援助係)

ニュースになっているのは、まだ氷山の一角の様な気がしますが。。。

関連記事

「雇用問題」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事