不景気.com > 不景気ニュース > HondaがF1撤退、でも経営悪化だけが原因?成績悪化じゃ?

HondaがF1撤退、でも経営悪化だけが原因?成績悪化じゃ?

HondaがF1撤退、でも経営悪化だけが原因?成績悪化じゃ?

ホンダが自動車レース最高峰のF1から撤退を決断した模様。

ホンダは最近も大幅な人員削減策を発表したばかりですし、昨今の不景気を考えれば年間予算がトップチームで数百億円と言われるF1からの撤退は納得できるところです。

経営悪化だけが原因か??

しかしながら、経営悪化、費用削減だけが撤退の本当の理由なのでしょうか?不景気.comではそれ以外にもいくつか理由があるのではないと推測します。

1.マーケティングとしてのF1の効果がここ数年落ちてきている

自動車レース最高峰と評されるF1は、ドライバーの力量のみならず自動車メーカー(もしくは製造者)の技術を争い、アピールする場でもあります。

以前では、F1で勝つこと=世界でもっとも技術力のある自動車メーカー・製造者と考えられても不思議ではありませんでした。ところがここ数年、消費者の興味が環境問題へ傾くにつれて以前ほどのマーケティング効果がF1に期待できなくなりつつあるのが現状です。

ホンダとしても、多額の費用をF1に捻出するよりも、エコ、ハイブリッド、水素燃料などの「環境にやさしい企業」をアピールすることがマーケティング戦略としては効果があると考えたのではないでしょうか。

2.タバコマネーの撤退による運営費の高騰

これはホンダに限ったことではないですが、これまでF1でのスポンサーの主役となっていたタバコマネーが規制により広告を出せなくなりました。

この辺の事情でF1界では業界再編が起こっているのですが、運営チームとしても自己負担の比率が余計に高まっているのも事実です。

3.成績が悪いからじゃないの?

実はこれが一番合理的な理由だったりするのではないかと。ホンダに関して言えば今回のF1参戦は第3期F1挑戦となります。

第1期:1964-1968 (35レース - 5年間) 優勝2回
第2期:1983-1992 (151レース - 10年間) 優勝69回
第3期:2000-2008 (155レース - 9年間) 優勝1回

第1期は初参戦でF1でレースをすることが目的、第2期は皆様ご存知の黄金時代、とくにあのセナ・プロストでの年間16戦中15勝というとてつもない強さを発揮した時代でもあります。

そして今回の第3期では、エンジン供給から始めて、その後、シャシー開発から全ての運営までを行っていた時代。第3期での主な目的は全て自社開発によるF1完全制覇だったと思います。(第2期はエンジン供給のみ)

こうしてみると、もともと約10年・150レース前後を一つのピリオドとして考えていたのではないでしょうか?その期間で結果が出なければ撤退と。(もしかしたら成績が良くても期間を区切って撤退はあったかもしれません)

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事