不景気.com > 雇用問題 > 特集:派遣切り、派遣切りについてのまとめ

特集:派遣切り、派遣切りについてのまとめ

特集:派遣切り、派遣切りについてのまとめ

過去に何回か取り上げている「派遣切り」ですが、状況はさらに深刻になってしまっている様子です。

企業にとっては会社を守っていくためにどうしても人員削減が不可欠な場合もあります。その場合、正社員を解雇するためには多額の費用がかかることから、削減しやすい派遣社員や非正規労働者にどうしても手が及んでしまうのです。

政府やNPOなどが、様々な支援を行っているようですので困っている方は利用してみるのも手かもしれません。

■社員寮を追い出された、政府が住居手当として最高180万円の貸付へ

厚生労働省は、失業などで社員寮を追い出された場合に住居・生活支援金の名目で、半年間で最高180万円を貸し付ける方針を固めた模様。

アサヒ・コムによると、

「素案では、入居初期費用として上限50万円、就職活動費として同10万円を貸与。失業手当をもらえない雇用保険未加入者には、家賃補助として月上限6万円、生活費として同15万円をいずれも最長6カ月貸し付ける。貸与後6カ月以内に長期雇用の仕事に就いた場合は、入居初期費用の全額と、生活費や就職活動費の半額程度の返済を免除する方針だ。」

と伝えています。

asahi.com(朝日新聞社):「派遣切り」寮追い出された人に180万円貸与 厚労省 - 政治

■派遣切りなどの対策として、「年越し電話相談会」開催

各生活保護利用支援ネットワーク、反貧困ネットワーク、日本労働弁護団などが24日午前10時~ 「年越し電話相談会」を開催。

共通ダイヤル・通話料無料で電話番号は、

フリーダイヤル:0120-110-104 (いいおとし)

派遣切り:「年越し電話相談」開催 - 毎日jp(毎日新聞)

特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター

■派遣切りで、派遣社員が労働組合結成相次ぐ

派遣社員の解雇が相次ぐ中、派遣労働者が自ら労働組合を結成して解雇の無効などを訴える動きが広がっているようです。

asahi.com(朝日新聞社):「派遣切り許せない」 広がる怒り、労組結成・加盟次々 - 社会

■派遣切り->タクシー会社に再就職?

派遣社員などの非正規労働者への人員削減が相次ぐ中で、タクシー会社のその人材の受け口になるかもしれない、という話です。

MKタクシーでは、「MKタクシー緊急全国雇用創出計画」と銘打って、派遣漂流などの人材を積極的に採用していく計画があることを発表しています。

プレスリリースでは、「後1年間で全国1万名の新規雇用を行います。本計画によりMKグループ(2008年12月現在、未開業は開始時の見込み)1,523台の車両数は1年後に合計5,932台へと4,409台の増車となり、3,050名の社員数は、13,050名となります。 」と記されています。

MKタクシー緊急全国雇用創出計画 (MKグループオフィシャルサイト)


またアサヒ・コムでは、「不況下のもと、タクシー運転手が派遣切りにあった人たちなどに人気」と、以下の記事を交えて紹介しています。

asahi.com(朝日新聞社):タクシー運転手、不況下の人気 派遣切られた人材どっと - 社会

「深刻な景気悪化の中、自動車関連の製造業からタクシー運転手に転職する人が名古屋で目立っている。不景気で売り上げは落ちているものの、タクシー会社にとっては街中で車を走らせることが客を得る重要な手段だけに、大手各社とも「正社員」という安定した立場を強調したり、職業教育を提供したりするなどして人材確保を目指している。」


今後、ますます深刻になると思われる「派遣切り」問題ですが、何かニュースがあれば、こちらで更新していきたいと思います。

関連記事

「雇用問題」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事