不景気.com > 景気対策 > 社長が選ぶ今年の社長2008に柳井氏

社長が選ぶ今年の社長2008に柳井氏

社長が選ぶ今年の社長2008に柳井氏

産能大がインターネットリサーチによって「社長が選ぶ今年の社長」という調査を行いました。

これは、従業員数が10人以上の企業経営者515人を対象(有効回答数365票)に今年一番優れていた経営者は誰か、というアンケートに答えたもの。順位は以下のように、

1位 柳井 正 氏 (ファーストリテイリング)
2位 孫 正義 氏 (ソフトバンク)
3位 大坪 文雄 氏 (パナソニック)
4位 福井 威夫 氏  (本田技研工業)
5位 西松  遙 氏  (日本航空)
6位 渡辺 捷昭 氏 (トヨタ自動車)
7位 御手洗 冨士夫 氏 (キヤノン)
8位 永守 重信 氏 (日本電産)
9位 渡邉 美樹 氏 (ワタミ)
10位 三木谷 浩史 氏 (楽天)

1位の柳井氏は2位以下に大差を付けての結果だった模様。

順当な結果と言えばそうですが、カリスマ性を持った企業家や大企業を上手く舵取りしている社長が選ばれているようです。

ただ、ここに選ばれている企業の大半は業績があまり好ましくはありませんね。社長に選ばれるような企業でも、この不景気には勝てなかったということでしょうか。

そう考えると1位のファーストリテイリングの柳井さんは業績もいいですしさすがと言えるのかも。個人的には、5位のパイロットより安い賃金のCEOでおなじみ、JALの西松さんを推したいです。

社長が選ぶ今年の社長2008 | 調査報告書一覧 | 学校法人産業能率大学

関連記事

「景気対策」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事